就業規則の作成が大切な理由について解説

就業規則は会社で働くルールを示す大切なものですが、適切に見直しが行われている企業はあまり多くありません。就業規則は定期的に見直すべきものです。こちらでは、就業規則の作成が重要である理由と、見直しが必要な事例について解説いたします。

就業規則の作成が重要である理由

就業規則の作成が重要である理由

就業規則とは、働く上での決まり(労働賃金や労働時間、労働条件など)について事業所ごとに定めたものです。

就業規則の作成が重要な理由は、以下の3つが挙げられます。

社内ルールが明確になる

社内で守るべきルールを統一することで、労働者はいつでも社内ルールを確認でき、職場の規律を整えることができます。

労務管理が効率化できる

就業規則が整備されていれば、労働者の給与計算や労務管理を効率良く行うことができます。

社内トラブルを未然に防げる

就業規則を整備しておくことで、社内トラブルを未然に防ぐことにつながります。

就業規則がない場合、解雇や賃金などでトラブルに発展するケースも珍しくありませんので、適切な就業規則を定めておく必要があります。

就業規則がなければ、労務管理の効率も悪くなりますし、社内トラブルも発生してしまいます。

よって、就業規則は、会社にとっても労働者にとっても重要なものであると言えます。

こんな就業規則は見直しを

こんな就業規則は見直しを

ここでは、就業規則の見直しが必要なケースを3つご紹介いたします。

定期的な見直しが行われていない

労働に関する法律は、毎年何らかの改正が行われています。小さな改正でも、積み重なれば記載されている内容と法律との間に大きなズレが生じてしまうため、定期的な見直しが必要です。

テンプレートを少し手直ししただけのもの

テンプレートで作成してしまうと、実際の会社の状況と就業規則が合致しない場合が多いです。

したがって、テンプレートを少し手直ししたものでは、十分な就業規則だとは言えません。

適用範囲が明確ではない

記載した規則の適用範囲を正しく決めていなければ、トラブルに発展する可能性があります。

正社員にのみ適用なのか、パート社員にも適用するのかなどは明記することが大切です。

赤澤社会保険労務士事務所の就業規則見直し・変更・作成サポートの強み

赤澤社会保険労務士事務所では、岡山や倉敷などのエリアで就業規則の見直し・変更・作成のサポートも行っています。

テンプレートを利用した意味のない就業規則を作成するのではなく、社労士がお客様のご要望と法律を照らし合わせながら、会社の実態により近い就業規則を作成いたします。

過去には、サポートの種類にもよりますが、就業規則を作成した後にセミナーを実施したり、会員版ルールブックを作成した実績もあります。就業規則にまつわるものであれば、ほとんどすべての種類に対応可能です。

岡山で就業規則に関するサポートは、岡山の倉敷市にある赤澤社会保険労務士事務所にお任せください。

就業規則は会社のルールを示したものであり、会社・従業員双方にとって大切なルールブックとなるものです。就業規則を定期的に見直す、あるいは経営状況などに応じて内容を変更することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

岡山で就業規則の見直し・変更・作成に関してお困りの方は、赤澤社会保険労務士事務所へお気軽にご相談ください。

岡山で就業規則の作成を依頼したいなら赤澤社会保険労務士事務所

事務所名 赤澤社会保険労務士事務所
住所 〒713-8102 岡山県倉敷市玉島3丁目11−8
TEL 086-526-6339
FAX 086-526-6339
URL https://www.akazawa-sr.com
お問合せ
赤澤社会保険労務士事務所
〒713-8102
岡山県倉敷市玉島3-11-8
TEL:086-526-6339
FAX:086-526-6339