ハラスメント対策で企業が得られるメリットは何だろう?

近年、セクハラ・パワハラなどのハラスメント行為に対する訴えが増加傾向にあります。働き方改革を実行し、企業にとって社員が働きやすい職場をつくることが大切です。こちらでは、企業がハラスメント対策で得られるメリットについて紹介します。

ハラスメント対策で企業が得られるメリット

ハラスメント対策で企業が得られるメリット

企業が得られるハラスメント対策によるメリットは、大きく以下の3点が考えられます。

人材を確保できる

労働者にとって職場環境は一番の関心事です。当然、ハラスメントが横行している職場で働きたいとは思いません。

ハラスメント対策がしっかりしている企業には、それだけ良い人材が自然と集まってくるのです。

生産性が高まる

社員がどれだけ高いモチベーションで業務を行えるか、企業の成長には社員の頑張りが欠かせません。ハラスメント問題がない企業とは、社員が働きやすい企業です。

そのような環境では社員のモチベーションも高まり、結果として生産性も高まるのです。

様々なリスクを回避できる

近年ハラスメント問題が浮き彫りになってきており、法律の整備も進んでいます。今後、すべてのハラスメント行為の責任が企業に課せられるようになるでしょう。

そのため、今のうちからしっかりとハラスメント対策をしなければ、大きな責任を背負うリスクがあるのです。

今後におけるハラスメント対策の課題

今後におけるハラスメント対策の課題

ハラスメント対策の課題として、知識不足があります。そもそもどういったことがハラスメントにあたるのか、叱咤激励とハラスメントの境界線はどこかなど、管理職含め社員全員がハラスメントについて正しい知識を共有し合うのは難しいでしょう。ハラスメントの判定は難しく、安易に決めつけてしまうとトラブルに発展する可能性もあります。

また、ハラスメント対策として社内に相談窓口を設置しているところも多くありますが、有効的に機能させるためにはきちんとしたシステムの構築が欠かせません。人員も確保する必要があります。

こういった負担が課題となり、なかなかハラスメント対策を進めることができないという企業様は社労士への委託をご検討ください。

今後、ハラスメント対策をしている企業とそうでない企業で大きな差が出てくることは間違いありません。ハラスメント対策は、社員が働きやすい職場づくりに欠かせないポイントであり、力を注ぐ必要があります。

岡山県でハラスメント対策のサポートを行う社労士をお探しの方は、働き方改革支援コンサルを行う赤澤社会保険労務士事務所にご相談ください。企業様からのご依頼により、ハラスメント相談窓口を開設いたします。

相談者への問題解決に向けたアドバイスはもちろん、相談内容のフィードバックなども行います。働き方改革についての相談にも対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

働き方改革のハラスメント対策をお考えなら赤澤社会保険労務士事務所

事務所名 赤澤社会保険労務士事務所
住所 〒713-8102 岡山県倉敷市玉島3丁目11−8
TEL 086-526-6339
FAX 086-526-6339
URL https://www.akazawa-sr.com
お問合せ
赤澤社会保険労務士事務所
〒713-8102
岡山県倉敷市玉島3-11-8
TEL:086-526-6339
FAX:086-526-6339