働き方改革について詳しくなろう!働き方改革の背景や課題を解説

政府が積極的に進めている働き方改革ですが、どうして働き方改革は進められているのでしょうか?こちらでは、働き方改革が実施された背景や今後実施するための課題について詳しく解説します。働き方改革についてよくわからないという方は、社労士にご相談ください。

働き方改革の意義とは?

働き方改革の意義とは?

働き方改革の意義は、日本の労働生産性を向上させることにあります。公益財団法人日本生産性本部の調査によると、日本の労働生産性はOECD加盟国の中で35カ国中20位(2017年度)となっており、加盟国平均を下回っています。

さらに少子高齢化や長時間労働などの問題によって、労働生産性は今後ますます低下していくことが予想されます。

働き方改革は、低下し続ける日本の労働生産性を向上させる重要な政策なのです。

働き方改革を政府が推進する背景

働き方改革を政府が推進する背景

政府が働き方改革を推し進める背景には、以下の2つの社会問題があります。

少子高齢化

日本では少子高齢化が進んでおり、このままいけば2025年には超高齢化社会になると予測されています。

労働人口の減少は生産力の低下につながるため、生産性を維持するためにこれまで就労していなかった女性や高齢者が参画しやすい業務形態・職場環境を整える必要があります。

過労死・長時間労働

日本では過労死が社会問題となっています。長時間労働や休日出勤などで休息がとれない期間が続くと、社員のモチベーションは低下し、生産性も下がってしまいます。

仕事の質を維持するためには、適切な労働時間と労働負荷を守る必要があります。

政府には、働き方改革によって労働者が意欲を持って働ける職場を作ることで、生産性を向上させる狙いがあるのです。

働き方改革実現のために企業が取り組むべき課題

働き方改革は、政府だけで実現することはできません。企業が主体的に働き方改革に取り組まなければ、進展することはないでしょう。

働き方改革を実現するために、企業が今すぐ解決しなければいけない課題は以下の2つです。

長時間労働の是正

労働生産性を向上させるためには、「業務量の削減」と「休みやすい雰囲気作り」がとても重要です。

「休むと罪悪感がある」「休んでも仕事量は減らない」といった悪循環を解消しなければいけません。

「正規と非正規」の待遇差の是正

正規労働者と非正規労働者の賃金格差は大きく、現状同じ仕事でも非正規労働者は正規労働者の6割程度の賃金しか受け取っていません。

企業は柔軟な働き方を容認し、多様な人が活躍できるように、働くモチベーションが高い人がより活躍できるように非正規労働者の待遇を見直す必要があります。

政府は現在、働き方改革を積極的に推し進めています。良い人材を確保するためにも、社員が働きやすい職場づくりに尽力しなければいけません。具体的に何をしたらいいのかわからないという時は、社労士にご相談ください。

赤澤社会保険労務士事務所では、働き方改革にお悩みの中小企業経営者様の支援を行っています。

岡山県で社労士のサポートを受けたい方はお気軽にご連絡ください。

働き方改革を社労士に相談したいなら赤澤社会保険労務士事務所

事務所名 赤澤社会保険労務士事務所
住所 〒713-8102 岡山県倉敷市玉島3丁目11−8
TEL 086-526-6339
FAX 086-526-6339
URL https://www.akazawa-sr.com
お問合せ
赤澤社会保険労務士事務所
〒713-8102
岡山県倉敷市玉島3-11-8
TEL:086-526-6339
FAX:086-526-6339